HOME > 導入事例

導入事例case

グラフトンでは、各メーカー様と共同でホルムアルデヒド吸着材や悪臭物質吸着材などの製品開発も進めています。お客様の新しいマーケットチャネルの創出に、 当社の技術や開発ノウハウがお役に立てるかもしれません。
以下の事例はビジネスモデルの一例です。ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

子ども基準の環境配慮住宅では化学物質を「出さない」「吸着させる」「換気する」という原則をもとに良い空気環境を標準化  
積水ハウス(株)
 
●導入時期
2012年~継続中
●導入目的
子ども基準の環境配慮住宅では化学物質を「出さない」「吸着させる」「換気する」という原則をもとに良い空気環境を標準化しました。*ホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、エチルベンゼン、スチレンの室内濃度指針値の1/2以下にする
●導入商品
ホルムアルデヒドに対してグラフトンクロス(JIS A 1905-1で性能評価)を採用。
 
住宅産業で壁紙がコモデティー化(機能・品質などの差・違いが不明瞭化したり、あるいは均質化)  
シンコー九州(株)
 
●導入時期
2012年~継続中
●導入目的
住宅産業で壁紙がコモデティー化(機能・品質などの差・違いが不明瞭化したり、あるいは均質化)しています。グラフトンエマルジョン(液剤)が一定量塗工可能なビニルクロス [Super SLプロス]を発売。このホルムアルデヒド低減性能はJIS A 1905-1で性能評価されており、機能の差別化が明確化されています。
●導入商品
グラフトンエマルジョン(液剤)が一定量塗工可能なビニルクロス[Super SLプロス](JIS A 1905-1で性能評価)を採用。
 詳細はこちら
「発ガン性物質ホルムアルデヒドを低減した住宅」をスローガンにアンピールマンションに採用  
新栄住宅(株)
 
●導入時期
2012年~継続中
●導入目的
「発ガン性物質ホルムアルデヒドを低減した住宅」をスローガンにアンピールマンションに採用。ビニルクロス [Super SLプロス]の採用によりホルムアルデヒド低減効果予測レポートが作成されています。ホルムアルデヒド低減住宅をテーマに東海大学関根嘉香教授・AIREX(株)と共同論文を平成25年 室内環境学会学術大会において発表予定。
●導入商品
グラフトンエマルジョン(液剤)が一定量塗工可能なビニルクロス [Super SLプロス](JIS A 1905-1で性能評価)を採用。
 
東京都住宅供給公社  
東京都住宅供給公社
 
●導入時期
2012年~継続中
●導入目的

明日見らいふ南大沢では平成15年以前(建築基準法改正)のホルムアルデヒド高放散建材使用住宅の低減化に。

●導入商品
グラフトンクロスおよび床下地にグラフトン液剤塗工を採用。
 
発ガン性物質対策のため学校環境衛生基準によるシックスクール対策に加えより低減強化の普及  
学校
 
●導入時期
2010年~継続中
●導入目的
発ガン性物質対策のため学校環境衛生基準によるシックスクール対策に加えより低減強化の普及が進んでいます。
●導入商品
(株)ガイアエデュケーションのスタンダードデスク(ホルムアルデヒド吸着・低減)にグラフトンクロスを採用。
採用学校の詳細
乳幼児の白血病予防  
上海ピジョン
 
●導入時期
2011年~継続中
●導入目的
乳幼児の白血病予防のため
●導入商品
サプリジェル・スプレー・家具用紙シートを採用。
 
南極昭和基地の高気密建造物の室内臭気低減  
国立極地研究所
 
●導入時期
2011年~継続中
●導入目的
南極昭和基地の高気密建造物の室内臭気低減のため
●導入商品
室内臭気低減材(サプリジェル・スプレー)に採用。
 
ホルムアルデヒド キャッチャー  
グラフトン韓国
 
●商品名:
ホルムアルデヒド キャッチャー
●用途:
作り付けクローゼットの中に装着
●実績:
2012年5月より販売開始し現在100万個を販売達成
 
THE HA:UM +
PDFはこちら
 
グラフトン韓国
 
●商品名:
THE HA:UM +
●用途:
家具等表面の機能性化粧シート Paper Type/ LPM Type
●目的:
ホルムアルデヒド・アセトアルデヒド・アンモニアの吸着機能を付加した家具
●販売状況:
2013年5月より発売開始
韓国内4ヶ所のマンションプロジェクト(総計5,000戸)のモデルハウスに採用
●販売総代理店:
The LIVING
 
Adobe Reader PDFをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。
お問い合わせ
  お問い合わせ
ホルムアルデヒドの発ガンリスク